くすみ解消化粧品ランキング

くすみの原因はお血(おけつ)?

 

女性の肌トラブルの悩みは深いもの。自分の中では改善されてきていると思っても、きれいな肌の人を見ると比較して落ち込んでしまったり、もっと頑張る必要性を感じたりするので、なかなか終わりがありません。

 

それでコスメや美容液などを頑張って使ってケアしますが、なかなかシミやクマやくすみが消えないと悩んでいる方も多いと聞きます。そんな場合、そのクマやくすみは、問題はお肌ではなく、血流の不調、お血にあるのかもしれません。

 

お血(おけつ)というのは、全身の血流が悪くなってしまって、血流障害が起こっている状態のことを言います。お血というのは、血そのものが汚れてしまっている状態で、いろんな病気を引き起こしやすいと言われています。当然、血液は顔だけではなく全身をめぐりますから、顔の不調だけでなく全身に不調が現れるのがお血の怖いところです。

 

一般的には年齢と共にお血の度合いが悪くなると言われていますが、驚くことに、最近は年代を問わず若いうちからお血が進んでいる人が増えているそうです。このお血の原因は、冷え・運動不足・栄養のアンバランス・ストレスが挙げられていて、これが特に若い人の間でも急激に増えてきているそうです。肌のくすみの原因には顔の血液・リンパの循環の悪さがありますが、これによって老化まで促進させてしまっています。

 

お血が原因の場合は、血行が悪くなってしまってシミ・クマ・くすみが目立つようになってしまい、消えにくくなって、新陳代謝の低下や肌の角質の増加を引き起こしてしまうのです。ですから、肌トラブルの中でも特に気をつけたい要因のひとつだと言ってよいでしょう。お血チェックするためには、以下の点を見てみましょう。

 

・目の周りが黒っぽい
・しみ・そばかすが多い
・頭痛・めまい・耳鳴りがする
・唇や歯茎の色が悪い(紫色など)
・肩や背中が凝りやすい
・手足腰が冷える
・あざが出来やすい
・生理不順や生理痛がある

 

上記のいくつかの項目に当てはまる場合、お血の症状が考えられますので、対策を早めに始めていきましょう。たとえお肌を潤わせ、保湿を頑張って行っていても、肌の下を流れる血液が滞っていたら血色はそれほど良くなりません。お血は、ほうっておくと一層症状がひどくなってしまうため、どんどん見える肌の状態も悪くなっていきます。

 

改善のためには、生活の中に東洋医学の考え方や手法を取り入れることが大切と言われています。というのも、西洋医学の手法ではまだ有効な対策が無いそうなのです。では、どういう方法が効果があるのか簡単に紹介しましょう。

 

■ 半身浴
お血改善のためには、まずは体全体の血流を良くすることです。そのために、半身浴を行って、時間をかけてゆっくりと体を温めていきます。東洋医学では冷えは万病の元ですので、これを追い出し、お血の症状を和らげていきます。代謝も改善されるので、血液中の悪いもの外に出されて血液がきれいになります。

 

■ かっさマッサージ
「かっさ療法」という、2500年前から中国で行われてきた伝統的な民間療法があるのですが、それを元にしたマッサージ方法です。専用の道具を使い、お肌に負担なく、効果も出やすいことからエステサロンでも最近は取り入れられているようです。

 

■ ストレス・冷えを予防する
元になるストレスを解消・回避することで、お血の原因を取り除きます。東洋医学では気という言い方で人間の精神的な部分も病気に影響するという考え方が古くからありました。ストレスにさらされ続ける状況をなるべく避けるのは、健康を維持するための先人たちの知恵なのです。また、よく知られているように、体の冷えは血流を悪くする大敵です。冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎなどに気をつけ、オフィスや夏場でも体を冷やさないよう気を付けましょう。

 

■ 適度な運動
適度な運動は私たちの生活の質を高め、健康を増進してくれます。とはいえ、なかなか行うのも大変ですし、女性なら生理痛が酷い人もいますが、下半身の冷えが気になる人は、ウォーキングなどが負担も少なくていいでしょう。骨盤の血行を良くすることで、冷えが改善されて体の内側から症状を改善することができます。また、新陳代謝が上がっていきますので、健康的で血流が流れやすくなる効果が期待できます。

 

現代人はデスクワークが多いので、長時間同じ体勢で作業を続ける場合も多いのですが、これは血流を間違いなく悪くします。適度に姿勢を変えたり、体を動かすようにしましょう。既にお血やその二次症状に悩まされている人も、お血になる可能性があるという人も、ぜひ上記を参考にして対策を行ってみてくださいね。美容目的の対策としても効果がありますが、全身の血流を良くすることで全身にも良い影響が現れますので、血行促進を考えながら生活してみましょう。

 

毛穴の汚れと肌のくすみ

 

肌のくすみはいろんな原因でできるものですから、その原因をひとつひとつ正確に把握して、適切な対策をしていくことで確実に状態は改善に向かいます。その中のひとつが、毛穴の汚れ。毛穴の汚れについて考え、気にしたことが無いという人は少数派ではないでしょうか。この毛穴に詰まった汚れを取り除くために、小物や美容機、パックなどがたくさん販売されているので、そういうアイテムを使ったことのある方も多いでしょう。

 

一般的に、顔の毛穴に汚れが詰まるとくすみや黒ずみの原因になります。というのは、毛穴には老廃物が溜まりやすいからです。これが原因で、肌がくすんできたり、ニキビが出てきたりしてしまいます。ですから、毛穴に詰まった汚れは常にケアしつつ、清潔さを保つことが重要です。肌のくすみは肌が汚れているように見えてしまい、イメージもよくないですよね。

 

クレンジングをしても毛穴の汚れや黒ずみが気になるようなら、それは毛穴がくすんでいるのかも。そのまま放っておいてもすぐに治ることはありませんので、早めに手を打ちましょう。毛穴くすみは30歳を過ぎてくると徐々に現れてくるようになります。加齢や紫外線によって肌の弾力性が失われることにこの原因があるようで、特に小鼻の横はくすみが目立ちやすいそうです。その他、皮膚のたるみやすく、廃棄物の詰まった毛穴があると、くすみやニキビを生じやすいそうです。

 

しかし、毎日顔は洗っているのに、どうして毛穴に汚れはこうもたまるのでしょうか。理由は洗顔の仕方にあります。間違った洗顔をしていないか、もう一度チェックしてみましょう。毛穴の汚れを気にして、直接その部分を洗うばかりというのは誤った方法です。それだと、汚れを落としたつもりでも、表面だけが落ちているだけで、毛穴の奥までは汚れが落ちていない場合があるからです。

 

汚れのない締まった毛穴であれば、肌はすべすべで透明感があり、くすみのない綺麗な肌に見えるものです。また、皮脂の量も見え方に影響があります。老廃物やホコリなど毛穴に詰まる汚れは様々で、到底一言では表現しきれないくらいです。毛穴に汚れやアクネ菌などが集まってくると、皮脂と混ざって黒ずんで見えてしまいますので、余分な皮脂は放置せずに早めに洗い流します。

 

また、角質の内部に皮脂が溜まった場合、皮膚の角質層が厚くなってしまって、毛穴をつまりやすくしてしまいます。多くの原因がありますので、毛穴の汚れを一層するのは簡単なことではないのですが、これも美肌のためには放っておけない問題です。くすみ対策は、このように肌を綺麗に清潔に保つことが基本的な対策となりますが、洗顔のしすぎはかえって、肌に負担をかけ、肌が刺激に対応しようと角質層を分厚くしようと頑張って疲弊してしまいますので、あくまで適度な頻度をこころがけましょう。

 

そして洗顔後は保湿をしっかり行い、皮脂の過剰分泌を抑制するなどし、パックをする際も、毛穴を引き締めるケアを行うなど、毛穴を開かせないよう注意します。毛穴のくすみは、毎日の丁寧なケアによって確実に改善していきますので、持久力をもってコツコツ行うことが大切です。

 

くすみ対策に重要な洗顔

 

肌にくすみがあると、それだけで肌のトーンが暗く見えるし、そして汚れて見えるものです。この肌のくすみは、紫外線などの外部刺激によるメラニンの増加で黒ずんでしまう場合や、血行不良が原因になっているもの、毛穴に詰まった皮脂によるものや、そして汚れによって生じたものなどがあります。

 

原因は様々なのですが、これらの中には、正しい洗顔をしっかり行うことで改善できるものもあります。洗顔はくすみ対策、またフェイスケア全体を見てみてもとても重要な位置を占めています。いくら保湿や美白に気を遣っても、洗顔がきちんとできなければ、くすみの改善は難しいとも言えるでしょう。ですから、くすみ対策に大切な洗顔、もう少し気を遣っていきたいところです。

 

もしも洗顔を怠ると、皮脂やファンデーションなどの洗い残しが発生し、それが汚れとして肌に残ってしまいます。すると、その残ってしまった汚れは、毛穴に詰まるなどして酸化し、黒くなり、毛穴が原因のくすみとなってしまいます。また、洗顔を怠ると、古くなった角質なども残り、それが層を作ってどんどん分厚くなり、「角質肥厚」が生じ、それが原因でくすみとなることもあります。

 

ですから、洗顔とくすみは非常に深い関係があるといえるでしょう。ということで、洗顔を疎かにせず、しっかりと行うことがくすみ化粧品のランキングの改善と防止につながるのです。それでは、くすみを防ぐための正しい洗顔方法を伝授していきたいと思います。自分自身がいつもしている洗顔方法と比べてみて、改善の余地が無いか考えてみてください。

 

まず、基本中の基本は洗顔料を泡立てることです。これも手に脂がついていたりすると泡立てにくいため、まずちゃんと手を洗ってから、それから泡立てます。こんもりと、手に乗るぐらいに泡立てて、その泡で顔を包み込むように洗っていきます。時間がかかるからと怠けないで、しっかり泡立てましょう。そして、洗う時は顔をこすらないように注意しながら時間をかけて洗います。

 

また、洗い流すときはぬるま湯(32度から34度程度)を用いて洗い流します。顔の汚れのひとつである皮脂汚れは30度以上で溶け出す性質があるため、ある程度の温度のお湯が望ましいのですが、今度は35度以上のお湯になると洗ったあとに乾燥しやすくなってしまうのです。そのため、適温は32度から34度ぐらいのぬるま湯ということになります。ちょっと面倒になりますが、習慣になれば難しくありません。

 

そして最後のすすぎはしっかりと、洗顔料が残らないように行いましょう。洗顔よりも時間をかけるくらいの気持ちで行います。残ってしまうと、それがまた新たな汚れとなって皮膚に残ることになりますから注意です。硬くなった角質を除去し、化粧水などの吸収をよくする効果のあるピーリング石鹸というものがありますが、これを時々使用して洗顔するのも効果的です。

 

ピーリング石鹸を使って洗顔するときも、通常の洗顔時同様、よく泡立てて顔に乗せますが、乗せたまましばらく置き、そのあとで流します。ピーリング石鹸だと古い角質が取り除いてくれるので、顔が少し明るくなります。いかがでしたか?正しい洗顔方法をマスターし、美しいくすみ知らずの肌にしていきましょう。

 

グリーンスムージーはコンビニで買える

 

最近はコンビニでもグリーンスムージーが販売されるようになってきました。話題になる商品は比較的早めにコンビニで売られるようになりますが、コンビニで売られるとなると家にミキサーがなかったりしても毎朝摂取することが可能になります。

 

ではコンビニのグリーンスムージーとはどういったものなのでしょうか。それぞれのコンビニでグリーンスムージーが販売されていますが、まず最大のメリットといえば手軽さではないでしょうか。今やコンビニは色々なところに点在していますのですぐに手に入れることができます。

 

次に飲みやすさというのがありますが、コンビニのグリーンスムージーは割とフルーティに作られているものが多いので飲みやすいです。野菜ジュースに近いものが多いのであまり緑の野菜のイメージを持つことなく飲むことは出来るはずです。

 

次に短所となりますが、基本的にグリーンスムージーという名前ですが、ミキサーで作るような栄養素にはもちろん届かないですし食物繊維も取り除かれています。ですので、グリーンスムージーの入りという部分ではいいと思いますが続けていてもグリーンスムージー ダイエットなどに効果があるという保証はありません。

 

また、価格に関しても150円から200円くらいの価格帯で販売しているものが多いですが、毎日飲むとなると経済的にももったいないです。かといって1日だけ飲んだとしても何の効果も期待することはできません。

 

つまり、結果的にはすごい便利ですがきちんとグリーンスムージーとして摂取するのであれば、家で作るということをオススメします。